急なお知らせですが、
研究会を今週末開催します。私自身は途中参加になるのですが興味がある方はぜひご参加ください。

文芸学研究会のお知らせと写真関連本

しばらく更新していなかったのでお知らせです。

◎研究会のお知らせ

文芸学研究会 第59回発表会および第19号合評会のご案内

日時:2015年9月26日(土)14時半より
場所:神戸大学文学部A棟学生ホール(A119)

研究発表
「開いた窓」の表象を通して見る写真表現ーブルトン『ナジャ』(1928)からグルスキー《パリ、モンパルナス》(1993)までー
 神戸大学 久野はるな

『文芸学研究』第19号合評
 ドイツ民間伝説における死者の帰還ー「不気味」という概念と伝承の事実性ー
 神戸大学 植朗子

要旨はFacebookでの文芸学研究会特設頁でも見ることができます。

◎最近の本から 写真論関係

これは最終章に遺影に関する記述がある。これと同著者のこれも購入。
弔い論

弔い論

先日の発表で言及した本を数冊。
Image Factory: Consumer Culture, Photography and the Visual Content Industry (New Technologies/New Cultures Series)

Image Factory: Consumer Culture, Photography and the Visual Content Industry (New Technologies/New Cultures Series)

ストック写真のフロー論。
Digital Light (Fibreculture Book Series)

Digital Light (Fibreculture Book Series)

Cubbitとパーマーが執筆している。なぜかpdfがWebには転がっている。Cubitは少々書きすぎだがやはりチェックせざるをえない論者。
The Culture of Photography in Public Space (Intellect Books - Critical Photography)

The Culture of Photography in Public Space (Intellect Books - Critical Photography)

Googleストリートヴューとストリート写真を論じる。オーストラリアが文脈になっている。プライヴァシー概念自体の歴史的文脈を議論しているところが重要かもしれない。iphonography論が2本掲載。うち1本はパーマーの論。
もちろんその基本には、次の2冊の論集がある。
The Photographic Image in Digital Culture (Comedia)

The Photographic Image in Digital Culture (Comedia)

Digital Snaps: The New Face of Photography (International Library of Visual Culture)

Digital Snaps: The New Face of Photography (International Library of Visual Culture)

前者は90年代に出たおなじタイトルのものを再編集。パーマーのJPEG論はここに掲載。後者は玉石混淆だが、ヨーナス・ラースン、マーティン・リスターのものは見通しのきく論。クリス・コーエン「フォトブログは何を欲するか」とかクーリーのモバイル・デバイスの「フィット」論への言及もある。これも含めて、Daniel Rubinsteinが関わっているPhotographies誌とかラースンの関わるMobilities誌とかもこの間チェックする必要があることが分かった。非表象理論やモバイル・スタディーズなど、いくつもの枠組みが提起されているので、これは写真論でも消化していかないといけない。

あと2冊ほど注文中のものも挙げておく。

Lichtbild und Datenbild: Spuren Konkreter Fotografie

Lichtbild und Datenbild: Spuren Konkreter Fotografie

Time and Photography (Lieven Gevaert)

Time and Photography (Lieven Gevaert)

  • 作者: Jan Baetens,Alexander Streitberger,Hilde Van Gelder
  • 出版社/メーカー: Leuven Univ Pr
  • 発売日: 2010/08/19
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る

研究会のお知らせ

研究会のお知らせです。ふたつあります。まず2月上旬の研究会。

■感性計測技法= アートの現在と未来
 講師:森公一(同志社女子大学教授:メディアアート
    精山明敏(京都大学教授:医学・脳科学
 司会:前川修(神戸大学:美学・視覚文化論)
 聞き手:岩城覚久(京都精華大学:美学)
     増田展大(早稲田大学:視覚文化論)
「グローバル・アート・インダストリーにおけるアートの可能性」研究会vol. 1 脳工学/ニューロアート、コンピュータテクノロジーメディアアート
 日時:2015 年2 月8 日(日)13:30 〜 17:30
 会場:京都精華大学、清風館C101 教室
 主催:科学研究費補助金基盤研究C(一般)
 「グローバル・アート・インダストリーにおけるアートの可能性」研究代表者 前川修(神戸大学
 ※一般の方のご来聴も自由です。(参加費・申し込み不要)
 プログラム:
 13:30 〜 Introduction:岩城覚久「脳工学とニューロアート?」
 13:50 〜 Lecture1:森公一「メディアアートという意識の発生から生体情報を用いた近年の作品の試みまで」
 15:00 〜 Lecture2:精山明敏「脳科学と感性計測技術の可能性」
 16:15 〜 Discussion


もうひとつは今週末です。各方面の研究会と日程が重なってしまいますが、よろしくご参加をお願いいたします。以下のサイトもご参照ください。
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/art-theory/event2014.html